対向車のフロントガラスをゴルフクラブで叩き割る暴挙。

信号待ちをしていた車のフロントガラスを、対向車線から車で走りながらゴルフクラブで叩き割ったとして男が逮捕されました。
普通にドライブを楽しんでいて、もし自分にそんなことが起こった場合に、ケガや車の修理の対応などが分からなくなり確実にパニックに陥ることでしょう。
器物破損の疑いで逮捕されたのは、医師で43歳の男です。
逮捕されたにも関わらず、なんと本人はやっていないと供述しているというのです。
否認すれば良いと言うことではなく、疑いがかかっている以上、本人が何らかの形で関係していると言うことは間違いないはずです。
車のナンバーが一致していること、車の色が似ていることなど突き止めて行けば、今なら防犯カメラに写っていることでしょう。
本人がやっていないとするならば、本人が車を貸したなどでないと辻褄が合わないことになるでしょう。
犯罪を犯す人は、嘘ならバレると言う気持ちが大事になってくるでしょう。
他にも同じような手口で、車のフロントガラスが割られる事件が3件あり、関連を調べています。
人を巻き込んでの事件は、たちが悪いですね。宅配クリーニング ランキング